HOME>都道府県別戦績・甲子園(1915年〜)
 

サイトマップ

高校野球記録帳高校野球画像(写真館)ページ

Google
WWW を検索
当サイト内を検索

【甲子園】都道府県別戦績(1915年〜)

北海道
・東北
北海道 北海道 青森県 岩手県
秋田県 山形県 宮城県 福島県
関東・
東京
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県
千葉県 神奈川県 山梨県   
東東京 西東京    
北信越 新潟県 長野県 富山県 石川県
福井県      
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 大阪府 奈良県
兵庫県 和歌山県    
中国 岡山県 広島県 鳥取県 島根県
山口県      
四国 香川県 徳島県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県
大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
朝鮮
台湾
満州







 ■都道府県別戦績について■



 【1】北北海道から沖縄まで現在の49シート



 第80回(1998年/平成10年)夏の全国高校野球選手権大会記念大会では史上最多の55チームが甲子園に出場しました。第60回記念大会(1978年/昭和53年)以降、北海道と東京都以外の47府県は各1代表、北海道は南北に分かれ2代表、東京都は東西に分かれて2代表の合計49チームが出場し、第81回大会以降も49チームが出場しています。
 第80回記念大会で増えた6チームの内訳は以下の通りです。

 千葉県(東西)
 埼玉県(東西)
 神奈川県(東西)
 愛知県(東西)
 大阪府(南北)
 兵庫県(東西)
 
 1府県1チーム制となった第60回記念大会(1978年/昭和53年)以降、現在までに何度か記念大会はありましたが、チーム数の増えた第80回記念大会以降で最初の記念大会となった第85回(2003年/平成15年)は通常の49チームに戻っており、次回49チームより多くの学校が出場するのは第90回記念大会?なのかなと勝手に思っています・・・。

 上記6府県、もしくはその他の府県が東西もしくは南北に分かれるのが通例になった時に49シートから55シートに変更する予定です。もっと増えるかもしれませんが・・・・(その逆もあり)
 北海道は南北に、東京都は東西に分かれているのが通例となっていますのでこちらは既に分けて表を作っています。つまり現在は49シートあることになります。



 【2】都道府県別戦績の不備



 この表は甲子園に登場した順番に正確に並べてあります。その結果以下のような不備(見づらさ)となりました。
1998 平成10 第70回 1回戦 PL学園 5 - 1 樟南 鹿児島
1998 平成10 第70回 2回戦 関大一 14 - 1 鈴鹿 三重
1998 平成10 第70回 2回戦 PL学園 9 - 0 創価 西東京
1998 平成10 第70回 3回戦 PL学園 3 - 1 敦賀気比 福井
1998 平成10 第70回 3回戦 関大一 2 - 1 今治西 愛媛
1998 平成10 第70回 準々決勝 PL学園 3 - 2 明徳義塾 高知
1998 平成10 第70回 準々決勝 関大一 3 - 2 浦和学院 埼玉
1998 平成10 第70回 準決勝 PL学園 2 - 3 横浜 神奈川
1998 平成10 第70回 準決勝 関大一 5 - 3 日大藤沢 神奈川
1998 平成10 第70回 決勝 関大一 0 - 3 横浜 神奈川
1998 平成10 第80回 1回戦 関大一 4 - 2 日本航空 山梨
1998 平成10 第80回 1回戦 PL学園 6 - 2 八千代松陰 千葉
1998 平成10 第80回 2回戦 関大一 4 - 3 尽誠学園 香川
1998 平成10 第80回 2回戦 PL学園 2 - 1 岡山城東 岡山
1998 平成10 第80回 3回戦 関大一 12 - 1 滑川 埼玉
1998 平成10 第80回 3回戦 PL学園 5 - 1 佐賀学園 佐賀
1998 平成10 第80回 準々決勝 PL学園 7 - 9 横浜 神奈川
1998 平成10 第80回 準々決勝 関大一 2 - 11 明徳義塾 高知

 上記は1998年の選抜大会・選手権大会共に大阪府から関西大学第一高校とPL学園高校が出場したときのものです。滅多に無いことなのですが、このように1つの大会に複数の学校が出場し、共に上位に進出すると見づらい表になってしまうのです。出てきた順番はこれで間違いないのですが、春夏に分け、学校別に分けたほうが見やすかったのかもしれません。

 現在は49都道府県統一して同じ掲載方法を取っていますのですぐには変えられませんが、将来良い方法が見付かれば変えていきたいと思っています。



 【3】代表地区及び都道府県について



 また、上記内容とは違いますが、従来、東東京代表だった早稲田実業学校が校舎移転により、第88回選手権大会以降、西東京からの代表となっています。ちなみに早稲田実業学校が西東京大会に出場するようになったのは2001年の第83回大会からです。
 
 また、別項でお断りしていますが、春の選抜高校野球大会は各都道府県の代表ではありません。「北海道・東北」、「関東・東京」、「北信越・東海」、「近畿」、「中国・四国」、「九州」の地域に分かれ、秋季大会や秋の神宮大会の戦績を基に各地域ごとの枠数を決め最終的に32チーム前後が選ばれています。

 21世紀に入り、実力重視の上記とは別枠で「21世紀枠」というものが導入されました。秋季都道府県大会でベスト8以上に残った学校の中から地域や他の学校の模範となるような活動を行ってきた学校が選ばれ、それでも決定されない場合は長らく甲子園から遠ざかっている学校を選ぶというものです。

 2001年は従来の一般枠32チームに加え21世紀枠2チームが選ばれ34チームが出場したのですが、翌年以降は更に複雑になります。

 2002年・・・一般枠30チーム+21世紀枠2チーム=32チーム
 2003年・・・一般枠30チーム+21世紀枠2チーム+神宮枠1チーム+希望枠1チーム=34チーム
 2004年・・・一般枠28チーム+21世紀枠2チーム+神宮枠1チーム+希望枠1チーム=32チーム
 2005年・・・一般枠28チーム+21世紀枠2チーム+神宮枠1チーム+希望枠1チーム=32チーム

 一般枠が減っているのが気になります・・・・・。

 ◆神宮枠・・・秋の明治神宮大会で優勝した学校がある地域の枠を1つ増やすというもの
 ◆希望枠・・・守備力や失点の少なさを評価された学校が選ばれるもの
 ◆21世紀枠・・・上記の通り
 ◆一般枠・・・従来の選考で選ばれる枠

 表記方法を全て夏に統一しました。神宮枠も21世紀枠も希望枠も都道府県名を表記し、北海道や東京も頭に南北、東西を表記しています。

 (例)2005年春の選抜高校野球大会に出場した駒大苫小牧高校は本来「北海道(地区)代表」ですが、当サイトの表記では「南北海道代表」の欄に掲載しています。

 最初から春の選抜大会と夏の選手権大会を分けて表記すれば良かったのかも知れませんが、個人的に「甲子園出場」にこだわりがあり、例えば、春の選抜大会に出場しているにもかかわらず夏の選手権大会に50年振りに出場したりすると「50年ぶりに甲子園に帰ってきましたぁ〜」と言われます。違和感があったことと「甲子園出場」を重視したことで春夏合わせて表記することにしました。
 主催者が違うので仕方がありませんが・・・・・

 高校野球に詳しい方は笑って許してください。最近高校野球に興味を持ち始めた方にはやや解りづらいかもしれませんが、ご了承ください。

 それより、将来、都道府県制が廃止され、道州制が導入された時は代表枠はどうなってしまうのでしょうね・・・・まだまだ先の話ですが・・・・・。




■高校野球画像■ 2006年(平成18年) 第88回全国高等学校野球選手権大会〜阪神甲子園球場 大会第5日目 熊本工業高校 対 三重高校より



高校野球記録帳高校野球画像(写真館)HOME



HOME>都道府県別戦績・甲子園(1915年〜)